グローバルデザインとは何か

デザインはいろんな分野で利用、考えられています。たとえば、新商品の家電製品のデザインですが、性能が過去の同じ製品よりも優れていても、デザイン性が悪くで新商品がまったく売れないなんてこともあります。
高級品などは特にこうした傾向が強いよいな気がします。車なども、過去の概観のほうがいいため、ニューデザインの車がまったく売れないなんてこともあるとか。
また、デザインは見た目だけではない可能性があります。グローバルデザインやユニバーサルデザインといった、視覚によって物事を判断することができるデザインもあります。
たとえば、トイレの標識がそれです。男性用と女性用のトイレでは、標識のデザインが違いますが、国や人種、文化が違ったとしても、そのデザインを見て、男性用か女性用なのかを判断できるように工夫されています。
こうしたデザインについて知るというのは、これからの仕事や人との付き合いなどにも影響が出てくるので、今からでもデザインについて学ぶのは大事なことです。

デザインはどの分野でも大事になる

デザインはどの分野でも大事になりますから、出来る限りデザインの知識と技術を学ぶ必要があります。例えば、ブログやホームページを作成して少しでも多くの人に見てもらおうとするならば内容が一番重要になります。
しかし、内容が良くてもなかなか集客できない事もあります。その1つの原因がデザインになります。デザインがあまり好まれるものでなかったり、ブログやサイトのテーマとあまり合っていない場合は敬遠される可能性があります。
また、見にくいデザインですと内容を読むのがしんどくなって、他のサイトやブログに行く人もいます。つまり、デザインは内容と同じぐらいに重要であり、少しでもブログやサイトのアクセスを増やすためには良いデザインを考えていく必要があります。
これは、ブログやホームページに限った事ではなくて、スマホやパソコン、服などにも言える事です。購入する人は、多少なりともデザインを意識して購入していきます。いくら優れているものでもデザインが自分好みでないと購入しない人が多いです。
このように、デザインは多くの分野で重要視されますからデザインに関わる仕事をするまたは趣味で関わっていくのであれば、デザインについて学ぶようにします。

デザインを仕事にした先に必要なもの

デザインと一口に言ってもその内容はグラフックデザインやwebデザイン、プロダクトデザインなど多岐にわたり専門性が高い分野に分かれますが、どの分野のデザインを志すにしても、それを仕事にするならば継続してデザインを生み出す力が必要になります。
デザインを仕事にする事自体が狭き門のように感じがちですが、デザイナーとしての技術を身につける事はそれほど難しい事ではありません。技術を学ぶ方法はたくさんありますし、その仕事に対するモチベーションが必要とされるのは他の職業となんら変わりありません。
むしろ、独自性が尊重されるという意味では、熱意を持っていれば理想を実現しやすいと言えます。本当に難しいのは、先にも述べた「継続して」という部分なのです。デザインは相手があって作られる場合がほとんどで、製作者は常に求められる最高のものを生み出し続ける必要が有ります。
これは、その時のエネルギーを全て注ぎ込んで自己表現するアート作品との大きな違いです。デザインとは自分の中に蓄積されたものを最適解の形でアウトプットする作業です。
これを続けるために当然必要になるのが、蓄積される情報の多さと、それを変換するためのセンスなのです。努力では手に入れにくいように思われるこの二つは、身の回りのあらゆる事に興味を持ち、それを実体験として体感する事で得られ、磨いていく事ができます。
デザインを続けていくために必要な事は、一見デザインとは無関係にも思える経験の積み重ねと言っても過言ではないのです。

三井ホームから学ぶ家のデザイン

デザイン性というのはどんなものにも欲しいものですが、ここでは家に関するデザインを考えます。
一生に一度の大きな買い物といえば家だと答える人も多い中、最初の仕事はハウスメーカーを選ぶことになります。素人であると、設備から入るよりは見た目から入ることも多いです。となれば、デザインというのは会社の売り上げにも関わる重要なポイントになります。
日本の住宅でデザイン性が優れているのは三井ホームです。高級住宅であるからこそできるデザインもありますが、そのこだわりは多少の犠牲を払ってでも顧客を満足させたいという気持ちが感じられます。
例えば、外壁材には塗り壁であるモルタルというものを使っています。これはクラッキングというヒビが入りやすく、扱いも難しいものです。職人の腕に出来が左右されるということもあり、今ではあまり使うハウスメーカーがありません。
そこまでして何故モルタルにこだわるのかというと、三井ホームの自慢である外観に最も合っているからです。デザイン性を損なわないように、危険を承知で職人の腕にかけていることがわかります。
顧客の意向に沿わない場合を考えて他の外壁材を選択できるようにしているのは優しさですが、デザインを追求する姿勢はピカイチですね。